Loading Courses

マインドフル・セルフ・コンパッション8週間コース(ハイブリッド形式)

Yuka Ebihara

March 5, 2022 @ 9:00 am - April 23, 2022 @ 12:00 pm UTC-8

Course Navigation

〜対面セッションとオンラインのハイブリッド形式です!〜

セルフ・コンパッションとは、自分自身の痛みや苦しみに寄り添い、優しさと強さを持って自らを支えることを意味します。もし、あなたが苦しみに直面したとき、大きな失敗をしたとき、そして、自分が今のままでは足りないと感じるような瞬間に、友人に示すような思いやりを自分に向けることができたら…。どんな時も自分の味方でいられれば、不安や孤独、生きづらさが軽減し、毎日が豊かであたたかいものになるはずです。

マインドフル・セルフ・コンパッション (MSC) は、その効果が科学的に検証された、セルフ・コンパッションを育てるトレーニング・プログラムです。マインドフルネスをベースにセルフ・コンパッションの考え方に触れ、体感覚として深く学び、実践を通して習慣化することを目指します。座って行う簡単な瞑想で自分自身へのコンパッションを育てるだけでなく、どんな時にも使えるシンプルなスキルを数多く習得し、日常生活で使えるよう練習していきます。マインドフルネスとセルフ・コンパッションをともに身につけることで、感情的な強さやしなやかさ(レジリエンス)、精神的な健康度(ウェルビーイング)が高まり、心身ともにより安定し、充足感や幸福感とともに毎日を過ごせるようになるでしょう。

【こんなあなたに、ぜひ受講して欲しい!】
• 日頃から感じているストレスや孤独感をなんとかしたい
• 他人と自分を比べて落ち込むことをなくしたい
• 自分に過度にダメ出しする癖をなおしたい
• 自分の本当の気持ちを理解し、自分自身としっかり繋がりたい
• 他の人も自分のことも大事にできるようになりたい
• 子育てや介護など、身近な家族のケアをしている
• 保育・教育・医療・介護などの分野で、他者のケアや支援を仕事にしている
• 「ありのままの私」と仲良くなり、人生を思いっきり生きたい
• マインドフルネスやセルフ・コンパッションをともに学ぶコミュニティが欲しい

【MSCに参加して得られるもの・学べること】
• 日常生活におけるマインドフルネスとセルフ・コンパッションの実践
• セルフ・コンパッションについての心理学的な理解
• 自分の価値観に沿った人生を送るための自己理解と自己承認
• 嵐のように激しい感情や、ネガティブな感情を上手に扱うスキル
• 自己批判ではなく、優しさを持って自分自身を励まし、よりよい行動につなげる方法
• 難しい人間関係との向き合いかた
• ケアする側の立場にある人のバーンアウト(燃え尽き)の防ぎかた
• 自分自身をポジティブに評価し、身の回りのすべてに対して感謝の気持ちを持つこと
• 人生をより広い視点から眺め、皆にとっての幸福を願う心と行動する勇気

◆◇講師紹介◇◆

海老原 由佳(えびはら ゆか)
Self-Compassion Circle 代表/MSC講師 (Trained Teacher)/Center for MSC(MSC米国本部)アジア・太平洋地域コーディネーター
1995年から2000年にかけ、FMラジオ J-WAVEナビゲーターとして平日ワイド番組を担当するかたわら、テレビ朝日キャスター、NHK番組ナレーション、雑誌コラム執筆など、多方面で活動。結婚後は夫の海外赴任に帯同し、異文化環境での子育てに専念する。数年前よりマインドフルネスおよびセルフ・コンパッションの学びを深め、マインドフル・セルフ・コンパッション講師資格取得(MSC© Trained Teacher)。2020年よりアジアおよびオセアニア13カ国のMSC講師を束ねる地域コーディネーターを務める。マインドフルネス関連の通訳・翻訳など多数。UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)Center for Mindfulness客員講師。東京マインドフルネスセンター客員講師。ティーンエイジャー男子2児の母。現在は東京在住。東京大学大学院卒(社会心理学修士)。
Website: https://self-compassion.jp

◆◇プログラム詳細◇◆

マインドフル・セルフ・コンパッション (MSC)は、数多くの学術研究により科学的にその効果が実証されたアメリカ発のセルフ・コンパッション・トレーニング・プログラムです。マインドフルネスと心理療法の統合分野でリーダーとして知られるクリストファー・ガーマー博士(ハーバード大学)と、セルフ・コンパッション研究の先駆者として名高いクリスティン・ネフ博士(テキサス大学)によって2010年に開発されました。現在までに全世界で10万人を超える人が受講し、20を超える国と地域で提供されています。

【各セッションの概要】
Session 1:セルフ・コンパッションとは(概念的・科学的な理解と実践)
Session 2:マインドフルネスを実践する(セルフ・コンパッションとの違い)
Session 3:ラビング・カインドネスを実践する(慈愛と慈悲について)
Session 4:内なるコンパッションの声と出逢う(自己批判とコンパッション)
Session 5:より深く生きる(自分の価値観を見つめる)
リトリート:(この回は講義やディスカッションはなく、講師がガイドする瞑想の時間を長くとり、自分と向き合いながら実践を深めます)
Session 6:困難な感情と向きあう(ネガティブな感情や恥)
Session 7:難しい人間関係を見つめる(関係性で生じる痛み)
Session 8:人生を享受する(幸せを耕し、プラクティスを維持する)

【プログラム構成】
週1回のセッション(3時間x 8回)+リトリート(4時間)
• 本コースは、対面とオンラインの両方を使い、ハイブリッド形式で開催します。3回のセッションおよびリトリートは対面で行い、5回のセッションをオンラインで行います。詳細は「プログラムの進め方」および「開催場所」の欄をご確認ください。
• MSC講師養成トレーニング参加の際の要件を満たします(すべてのセッションとリトリートへの参加が前提となります)。

【コース期間中のサポート】
• マインドフルネスおよびセルフ・ コンパッションの実践:コース期間中は毎日30分程度の(フォーマルな瞑想とインフォーマルな実践を含む)を各自行っていただきます。
• 理解を助けるための配布資料および瞑想の音声ガイド:毎セッションごとに講師より参加者に提供します。
• Facebookのグループへの招待:参加者同士の交流を深め、互いの実践を支えるコミュニティとなります。講師への質問も可能です。
• 講師との個別面談:プログラム受講期間中はオプション(別料金)で受けることができます。学びをさらに深めたい方はご活用ください。

【プログラムの進め方】
• MSC講師とアシスタントの2名により、1回3時間(休憩含)のセッションを8回、実践を深めるためのリトリート1回(4時間)を行う8週間のコースです。全9回すべてにご参加ください。
• 対面セッションと、Zoomを使ったオンライン・セッションを合わせたハイブリッド開催です。
• 対面セッションは東京新宿区内(最寄駅は江戸川橋および早稲田)のヨガスタジオで行います。場所の詳細は、参加確定時にお知らせします。
• オンライン・セッションのための安定したインターネット接続環境およびウェブカメラをご準備ください。他の参加者とのグループワークやシェアリングを行いますので、オンライン時のカメラはオンにしてのご参加となります。また、静かで、プライバシーを確保できる環境からの参加を推奨します。移動中や、周囲の音が大きい場所からのアクセスは避けてください。
• 8週間のプログラム期間中、Facebookのグループ機能を使って参加者へのサポートを行います。Facebookアカウントをお持ちでない方はご用意ください。
• 各セッションではホームプラクティスが出され、次のセッションまで毎日継続して行うことが推奨されます(1日30分程度)。
• 日々の生活でセルフ・コンパッションを実践し、さまざまな気づきをグループで共有します。講師から一方的に学ぶのではなく、他のメンバーの経験から多くのヒントを得られるでしょう。知識を得て「わかる」ためではなく、実際に「できる」ようになるための8週間です。
• コロナウィルスの感染状況によっては、すべてのセッションおよびリトリートをオンライン開催に切り替える場合があります。
• コース修了後も、フォローアップ・セッションなど、学びの機会を用意しています(別料金)。

【スケジュール詳細】
2022/3/5より2022/4/23 毎週土曜9:00am-12:00pm
リトリート 2022/3/6 (日) 9:00-13:00(休憩含)
• 3/6開催のリトリートのみ日曜午前中となります。ご注意ください。
• リトリートの後(日曜午後)には予定を入れず、ゆっくり過ごされることをおすすめします。
• ご都合により最初のセッションに参加できない場合、またはセッションに2回以上参加できないことが既にお分かりの場合は、次の機会をご検討ください。

【参加費用】
通常価格:70,000円(税込77,000円)
早割価格:62,000円(税込 68,200円)(~1/5 23:55 までのお申込に適用)
割引価格(学生・経済的に余裕のない方対象):40,000円(税込 44,000円)
(枠数に上限あり)
• 学生の方には割引料金が適用されます。申し込みの際に学校名・所属先をお伺いします。
• 経済的な困難を抱えている方、ひとり親家庭で子育てをなさっている方、疾病などにより就労が難しい方にも割引価格を適応できます。こちらから担当講師(海老原)までご相談ください。

【参加人数】
最少遂行人数 8名/定員12名
• コミュニティとしての関係性を重視するため、人数に上限を設けています。講師や他の参加者とより近い距離での丁寧な学びが可能となります。
• 参加人数が8名に満たない場合は、開始時期を延期する場合があります。

【開催場所】
※オンラインと対面でのハイブリッド開催です。毎回のセッション会場を必ずご確認ください。
Session 1: 3/5(土) 9am-12pm ヨガスタジオ(新宿区早稲田)
Session 2: 3/12(土) 9am-12pm Online
Session 3: 3/19(土) 9am-12pm ヨガスタジオ(新宿区早稲田)
Session 4: 3/26(土) 9am-12pm Online
Session 5: 4/2(土) 9am-12pm Online
Session Retreat: 4/3(日) 9am-13pm ヨガスタジオ(新宿区早稲田)
Session 6: 4/9(土) 9am-12pm Online
Session 7: 4/16(土) 9am-12pm Online
Session 8: 4/23(土) 9am-12pm ヨガスタジオ(新宿区早稲田)

【お申し込みにあたって】
• MSCは一般の方を対象としており、参加にあたってマインドフルネスや瞑想の経験は必須ではありません。
• 本講座では日本語のみを使い、わかりやすくお伝えします。英語力や心理学の専門知識は不要です。
• マインドフルネスをベースにしたプログラムですが、瞑想についての学びを深める内容ではありません。
• このプログラムは、指導者養成を目的としておりません。マインドフルネス等の講師として活動されている方は、プロとしてのスキル向上のためでなく、一個人としてのご自身のためにご受講ください。
• MSCは癒し効果の高いプログラムですが、セラピーではありません。参加者個々人がマインドフルネスとセルフ・コンパッションを学び、自ら実践する力を育てることを目的としています。
• 身体的および精神的な医療に変わるものではありません。また、精神疾患やトラウマの治療を目的とするのものではありません。
• 精神科及び心療内科に通院中の方は、必ず主治医にご相談のうえお申し込みください。また、お申し込みの際は、医療機関の連絡先を共有いただいております。
• 化学物質過敏症の方に配慮するため、対面セッションの会場は無香空間といたします。香水、衣類の柔軟剤、化粧品、ヘアケア製品など、香りの強いものはお控えください。場合によっては、スタジオへの入室をお断りすることがあります。
• フォーマル瞑想のガイド音声作成および講師の上級資格認定のため、プログラムを録音・録画いたします。ご理解ください。
• ヨガスタジオにて行う対面セッションに、撮影のためカメラが入る場合があります。受講者のお顔が写り込まないよう配慮いたしますが、特に気になることがある方は遠慮なく講師にお申し出ください。

【申し込み方法】
• プログラム参加を希望される方は、講師との事前面談(オンラインで10分から15分程度)をお受けいただいております。講座の詳細や講師の相性、自分に必要なプログラムかどうかなどを確認する機会としてご活用ください。
• 本Peatixページの「事前面談の申し込み」チケットをクリックし、アンケートフォームにご記入ください。送信ボタンを押した後の画面にて、オンライン面談の日時設定を行うためのリンクが提示されますので、そちらから面談の申し込みをお願いします。
• 面談の後、参加費のお支払いおよび同意書への記入が完了した時点で正式なお申し込み受付となります。お支払い方法などの詳細は別途お知らせいたします。

【キャンセルについて】
• プログラム開始10日前(1/26)までのキャンセルは全額返金いたします。返金の際の振り込み手数料のみご負担ください。また、開講日5日前(1/31)までは50%、開講日3日前(2/2)までは75%のキャンセル料及び振り込み手数料を頂戴いたします。なお、それ以降のキャンセルの場合は返金できませんので、予めご了承ください。

Details

Start:
March 5, 2022 @ 9:00 am
End:
April 23, 2022 @ 12:00 pm
Register:
https://msc8weekcourse.peatix.com/

Notes

Our events are listed on Eventslist.org